病気の人でも加入ができる可能性があるので、審査を受けることが大事です

サイトメニュー

通院では加入できない

看護師

5年以内が判断の基準となる

気持ちが沈んでいる時間が長いとか以前は興味を持っていたことがどうでもよくなるなど、精神的に不安定な状態は誰でも経験することです。けれども、その状態が長く続いていたり、毎日の暮らしに差し障りが出ていたりする場合はうつ病を疑ってみるほうが良いかもしれません。うつ病は専門医による診察と治療が必要な病気なので病院に行く必要があります。もしも就労中でこの病気にかかってしまったら仕事を休まなくてはならないかもしれません。そうなれば収入が減ってしまうという心配、治療費の負担があるため、保険の給付があれば助かると考える人も多いのではないでしょうか。保険に加入していて病気になればたよりたいと考えるのは当然のことです。うつ病も病気なので保険が下りるのは当然だと考えるかもしれませんが、通院のみの場合には適用されないことが多いようです。保険の種類や契約内容によっては適用される場合もありますが、一般的には入院しない限り給付はないかもしれないということは覚えておいたほうが良いでしょう。ただ、病気に対して給付されるのではなく収入が保障される保険というものもあり、それに加入していれば請求すると給付がされるということも把握しておくと良いでしょう。
うつ病が原因で自ら命を絶とうとして怪我を負ったり、不眠症など別の病気にかかってしまったりする人が多いため、それを主な理由としてうつ病の人は生命保険の加入を断られることが多いと言われています。それでも加入を希望しているならうつ病の場合は完治してからの加入、それも5年経ってからになります。加入には告知書が必要で現在の状態と過去の病歴の調査があり、5年以内の状態が加入できるかどうかの判断材料になるからです。ただ、この5年という年月は決して短い期間ではないので、その間のことを考えれば通院していても加入できるものを探すことも必要かもしれません。うつ病にかかって通院していても加入できるのは告知の必要がなく加入時に一括で払う保険や個人年金保険です。ただこれらはどちらかというと貯蓄に近いものと考えたほうが良いようです。ですから、病気があって加入できないという期間ができるだけ短い保険を探すのがいちばん良いと言われています。最低2年間治療や投薬が行われていなければ加入ができるものもあるので、条件を調べれば皆無ではありません。そのため加入ができるかどうかは5年経過していれば可能、それ以下でもできる保険はあるということを知っておきましょう。