病気の人でも加入ができる可能性があるので、審査を受けることが大事です

サイトメニュー

医療費の負担を軽減

医者

リスクに備える

一般的には、健康状況を申告しなければなりませんが、うつ病の治療中であれば、多くの場合、医療保険への加入は難しいものです。ですが、引受基準緩和型医療保険ならば、健康面での告知が不要であり、加入することも可能にします。精神科医や心療内科医による診断書も不要であれば、安心して治療や入院生活が送れるはずです。もちろん、一般的な医療商品より保険料は割高にはなりますが、メリットのほうが大きいようです。また、うつ病との診断により働けなくなった時の備えも必要かもしれません。年代問わず、うつ病を発症してしまい、働けなくなった時の経済的負担を考慮しなければなりません。いわゆる就業不能保険ですが、似たタイプには収入保障や所得補償というものがあります。疾病の限定範囲が重大疾病のみではなく、ストレス性疾患までが含まれているかなど、条件もしっかりチェックしましょう。ちなみに、商品もバリエーションに富んでおり、専任スタッフが病症状や既往歴などを聞いた上で、より良い医療を選択するためのセカンドオピニオン付きサービスも展開されています。より高度な専門性が必要と相談医が判断してくれることで、優秀・専門性の高い医療機関での治療が、安心できる医療費で受けられます。
働けなくなるリスクは、うつ病などのメンタルヘルスでも問題化されています。就業不能とは耳にしますが、それはどういった状態を指すのでしょうか。一般には、うつ病治療のために病院に入院したり、精神科・心療内科・産業医師の指示のもと、在宅療養を余儀なくされた状態を指しています。近年、うつ病を含むストレス性疾病の患者数は増加しており、入院も短期のみならず長期になることも無きにしも非ずです。そこで医療機関でも推進するのが、働けなくなった時に一時金・一括などで給付される就業不能保険への加入です。毎月給料を受け取るように、給付金を受け取れるのが特徴で、働き盛りのうつ病患者の収入減、生活費の補填にも適しています。もちろん、高齢うつ病も問題化しているため、公的保障制度や公的年金を考慮した不足分の備えができるのも魅力ではないでしょうか。それが、就業不能年金とも呼ばれており、確定年金でもあるので、就業不能保険の支払事由に該当していれば、復職しても給付金が受け取れるのが特徴です。