病気の人でも加入ができる可能性があるので、審査を受けることが大事です

サイトメニュー

加入の条件とは

ハート

加入の際には告知は必須

精神的な病の一つとしてうつ病がありますが、うつ病の場合保険に加入することが出来るのかどうか不安に感じている人も中にはいるでしょう。うつ病と診断されても加入できる保険もあれば加入できないものもあります。例えばうつを患っている患者さんの場合は肉体的に異常がなくても精神面で不安定ですので、自分で命を絶ってしまう可能性が通常よりも高いと保険会社に判断されることが多いので、生命保険には加入できないことも珍しくありません。こればかりは会社自体の基準によって異なりますので、うつと診断されても加入できるものもあるということは頭に入れておいてください。うつと関係なく発症する可能性のあるがん保険などには問題なく加入できるケースが多いと言って良いかもしれません。また、医療系のものに関しては加入できたとしても精神疾患などで通院や入院する場合は適応外になることもありますので、加入する際に確認は必ずしておいてください。加入する際には自身の健康状態と相談しながらより良いプランを選ぶべきです。
うつ病になって仕事を退職しなければならない場合でも条件をクリアして手順に乗っ取って進めていくことで失業保険が給付されることも多いですから必ず手続きを行いましょう。手続きを行わなければ金銭的にも生活する上で苦しくなってしまいます。一定条件を満たすことによって金銭的支援なども受けることが出来ますので、不安な場合はお住まいの役所などで相談してみることをおすすめします。公的な援助や支援ではなく、民間の保険に加入する際には注意が必要です。会社によって規定や条件が異なるので、ある会社の商品には加入できるけれども別の会社では断られたというパターンも生じてきます。肉体的な病気以外でも精神疾患や精神病の場合も含め、必ず告知の義務がありますので加入の際には伝えておきましょう。告知しなければいざ保険金を受け取るときに告知違反とみなされて受け取れないケースもあります。いままで心療内科や精神科に通ったことがありうつ病と告知された人は必ず加入のときに自己申告してください。