病気の人でも加入ができる可能性があるので、審査を受けることが大事です

サイトメニュー

通院では加入できない

看護師 うつ病での保険の加入は多くの場合完治して5年経過してからとなります。ただ、5年経過してなくても入れる保険もあるのでその確認は必要です。また、病気などで収入がなくなった場合に備える保険というものもあるので、それも知っておくと良いでしょう。

詳しく見る

加入の条件とは

ハート うつ病を患っている場合加入できる保険が限られてきます。肉体的な病気ではなく精神的な病気や疾患の場合でも告知義務がありますので、うつ病を患ってから保険に加入するときには必ず申込の際に自己申告しましょう。

詳しく見る

医療費の負担を軽減

医者 うつ病は、1人1人で治療期間も治療法も異なります。また、そうした診断を精神科・心療内科などで受けたのならば、保険への加入を視野に入れておきましょう。治療費の問題も含め、万が一のリスクに備えることは大切です。

詳しく見る

公的補助を利用する

病室 うつ病は誰にでも罹患をする可能性がありますし、人間関係などが原因になって過度なストレスによって引き起こされることもあります。仕事ができない状況にまで追い込まれても安心出来る保険もあるので、加入をしておくとよいでしょう。

詳しく見る

将来への備えができます

聴診器 うつ病だからと言って保険の加入を諦める必要はありません。うつ病でも条件次第で加入できるものがあります。中でも引受基準緩和型や無告知型などについては、それなりの保障が受けられる場合があるので問い合わせてみましょう。

詳しく見る

引受緩和型や無選択型

診察

病気の人でも加入ができる可能性があります

うつ病は、精神的なストレスや環境の変化、大切な人との生死別などが原因で発症する可能性があります。代表的な精神疾患のひとつなので、誰でも罹る可能性のある病気です。精神神経科のクリニックや病院で、うつ病が診断されると不安を感じている人がほとんどです。一時的に仕事が出来なくなったり、入院が必要になってお金が必要になったりすることもあります。医療保険に加入をしている場合は、入院が必要になった時は入院給付金を受け取ることが出来るので、経済的な負担を減らすことが出来ます。病気が診断されると健康な人を対象にしている、生命保険や医療保険に加入をするのが難しくなります。引受緩和型は、一般的な医療保険に比べると病気の人が加入をしやすくなっています。加入をする時は告知をする義務がありますが、一定の条件を満たしている場合は加入ができます。無選択型は、告知が必要ないためうつ病の人も加入が出来ます。一般的な医療保険に比べると、毎月の掛け金はやや割高になので注意をして下さい。
一般的な医療保険は告知をする義務があり、病歴がある場合は加入が出来ないことが多いです。うつ病で治療中の人は、経済的な負担を減らすために医療保険に加入をしたい人が増えています。引受緩和型や、無選択型は、加入が出来る可能性があるので、まずは審査を受けてみることが大事です。引受緩和型や無選択型は、保険料はやや高めになっているので、保障内容をじっくりと比較してから申し込みをすることが大事です。うつ病な適切な治療を受けたり、十分に休養をしたりすることで、少しずつ回復する病気です。うつ病の治療が終わって、内服薬を5年以上服用していない場合は、新たに医療保険に加入ができる可能性があります。うつ病などの精神疾患は、現代は増加傾向にあるため、治療が長引くと不安を感じている人がほとんどです。健康保険に加入をしている人は、一定の金額を超えると、高額医療制度が利用できます。市役所や役場などで申請をしておくと、払いすぎたお金が戻ってきます。国の制度を上手に活用することも大事です。